×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

下半身太りと骨盤の歪みの関係!

ジョギング

運動だけでは下半身は痩せない?
女性の場合、ジョギングなどの適度な運動やカロリー制限の食事にしたり、ダイエットに取り組んでいるのに思ったように痩せていかないと思ったことはありませんか?定期的にジョギングなどを続けていくと脂肪が落ちていき、体重は減っていきます。しかし、下半身は思ったほど痩せていかないことが多い気がします。特に気になるのがヒップラインあたりのお肉です。そして太ももや脹脛(ふくらはぎ)など!もう少しスラッとした脚になって欲しいのですが、下半身は運動では痩せていかないわけです!

この運動しているのに下半身が痩せない原因を調べていくと、カラダの歪み(骨格の歪み)に行き着きます。特に下半身の場合、骨盤の歪みにより痩せにくいカラダになっているようです。

基本的に人間は、200くらいの骨が関節でつながりカラダを構成しています。関節でつながっている複数の骨の構造を骨格と呼びます。骨格が歪むと、骨周辺に付いている筋肉が緊張して硬くなり、さらに硬くなった筋肉の上に贅肉が付くことで体型が崩れていくそうです。

痩せにくいカラダの原因が、このあたりにあるそうです!

骨格が歪むと、贅肉が付き、体型が崩れる!

何で骨格が歪むと太るの?

何で骨格が歪むと太るの?
骨格の歪みと肥満の関係を簡単に説明すると、こんな感じです。まず、骨格が歪むこと周辺の神経や血管が圧縮され、血液やリンパの流れが悪くなります。すると新陳代謝の低下を招き、体内の老廃物をカラダの外に上手く排出できなくなります。カラダの老廃物が体内に残ることで現れる症状が浮腫み(むくみ)になります。

朝起きたら顔が浮腫んでいるとか、午前中は脚(足)が浮腫んでいたりするのは骨格の歪みと関係があるそうです。これを『体質だから!』で済ませていると浮腫みの原因の本質を間違えてしまいます。これは、浮腫みが慢性化していることを疑いたいです。慢性的な浮腫みの原因って、骨格の歪みとか大いに関係があると考えるべきです。

浮腫みが慢性化すると痩せにくい体質になる!

痩せやすいカラダに!
痩せやすいカラダにするには、適度に運動し、基礎代謝を高める必要があります。例えば、ストレッチ・ヨガ・ジョギングなど何でもいいわけです。ただし、下半身痩せを目的とする場合、運動などの脂肪燃焼系ダイエットでは効果が薄かったりします。

基本的に女性の下半身太りの原因は、骨格の歪み、例えば骨盤の歪みなどが関係していることが多いそうです。管理人もエステの骨盤ダイエットなどをすると太もも・お尻などがサイズダウンしますから!特に脚痩せには、骨盤ダイエットや骨盤運動などがオススメといえます!

骨格の歪みを矯正すると、血液やリンパの流れが正常して新陳代謝を活発になり、体内の老廃物を上手に排出することができます。

脂肪を落とすダイエット方法では、下半身太りは解消されにくい!

こんな下半身太りの悩み、ありませんか!

痩せやすいカラダに!

・太もも、脹脛(ふくらはぎ)が太い!
・お尻が大きい!
・全体的に脚が太い!
・体はスリムなのに、お腹だけがポッコリしている!

スラッとした下半身を目指すなら、骨盤の歪みを改善することが大切といわれます。全体的にスラッとしているのにお腹がポッコリしている方っていますよね!アレ、骨盤の開きのせいで内臓が下に落ちているためといわれます。専門用語で内臓下垂と言うそうです。歪みの無い健康的な骨盤をしている方は、内臓も正常な位置になるそうです。カラダのラインをキレイに見せるなら骨盤の歪みを矯正することが大切といえます!

女性が気にする脚の太さやライン、お尻の形には、骨盤の歪みと深い関わりがあるそうです。一度、骨盤ダイエットを体験してみませんか!

確かな実績18万人★骨盤ダイエット

スリムビューティハウス!人気の骨盤ダイエットを体験してみませんか!